甲状腺、糖尿病治療を中心に
地域の皆さまの健康維持のため
尽力しています。

お知らせ

  • 2020年10月9日 今期のインフルエンザワクチン接種を10月9日(金)より開始致します。(ワクチンメーカーからの出荷が遅れたため、接種開始日が大変遅くなってしまいました。ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします。)なお、当方はインフルエンザワクチン接種に関しては予約制ではございませんので、お早めの接種をお勧め致します。
    ※下記のトピックスをご参照ください

  • 2020年10月1日 年末・年始休診のお知らせ

  • 2020年5月14日 令和2年5月14日午後より、待ち時間短縮、感染症予防の観点から予約制を導入致しました。オンラインでの当日の順番受付、事前予約(翌日以降の診療)も可能ですので是非、ご利用下さい。

  • 2020年3月30日 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、発熱、感冒様症状、胃腸炎様症状の方は当方受診前にお電話でご連絡、ご相談を頂ければ幸いです。
    現在、慢性疾患で通院されている方々と診察の時間帯を分けております。(おおよそ12時〜、18時〜)ご迷惑をお掛けしますが、何卒、御了解下さい。

  • 2020年3月24日 令和2年度は「くすのき会総会」ならびに「くすのき会勉強会」を新型コロナウイルスの感染予防の観点から中止とさせて戴きます。
    会計報告や勉強会の資料などは後ほど、会員の方へ順次お渡し致します。以上、何卒、ご了解下さい。

お知らせ一覧を見る

診療カレンダー

定期休診日

水曜日・土曜日午後、日曜日・祝祭日

10月

カレンダーの右端が欠けて表示される場合は、カレンダーを左にスワイプしてご確認ください。

        1 2 3
午後
休診
4
休診
5 6 7
午後
休診
8 9 10
午後
休診
11
休診
12 13 14
午後
休診
15 16 17
午後
休診
18
休診
19
休診
20
休診
21
午後
休診
22 23 24
午後
休診
25

当番医
26 27 28
午後
休診
29 30 31
午後
休診

*10月25日(日曜日)は、当クリニックが当番医の担当です。

11月

カレンダーの右端が欠けて表示される場合は、カレンダーを左にスワイプしてご確認ください。

1
休診
2 3
休診
4
午後
休診
5 6 7
午後
休診
8
休診
9 10 11
午後
休診
12 13 14
午後
休診
15
休診
16 17 18
午後
休診
19 20 21
午後
休診
22
休診
23
休診
24
休診
25
午後
休診
26 27 28
午後
休診
29
休診
30
休診
         

 

診療案内

表を左右にスワイプしてご確認ください。

診療時間 日・祝
午前
9:00~12:30
午後
3:00~6:30
診療科目・内容
内科
甲状腺疾患相談・糖尿病相談・生活習慣病相談・管理栄養士による栄養相談・糖尿病教室・禁煙外来
往診応需・予防接種
診療時間
午前9:00~12:30 午後3:00~6:30
休診日
水曜日・土曜日午後、日曜日・祝祭日

詳しい診療案内を見る

トピックス

令和2年度 インフルエンザワクチン接種のお知らせ

① インフルエンザワクチン接種を10月9日より12月29日まで行います。 御希望の方は受付窓口か看護師にお声を掛けて下さい。また、お電話でのご相談も承ります。  
*ワクチン接種は入荷困難となり次第、終了とさせて戴きます。

② 65歳以上の方は前橋市からの予診表ならびに 保険証を必ずお持ち下さい。ご記入にあたり御不明な点は当方の職員がお手伝い致します。なお、今年度は自己負担金はなく、無料です。(1回接種のみ公費負担です。)

③ 64歳までの方は全額自己負担となります。1回につき4000円です。
13歳以上の方では1回接種のみで宜しいかと思います。なお12歳までの方は2〜4週間あけて2回接種されることをお勧めします。

患者さんへの重要なお願い

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、発熱、感冒様症状、胃腸炎様症状の方は当方受診前にお電話でご連絡、ご相談を頂ければ幸いです。

※ 現在オンライン予約はお断りしております。

現在、慢性疾患で通院されている方々と診察の時間帯を分けております。(おおよそ12時〜、18時〜)ご迷惑をお掛けしますが、何卒、御了解下さい。

当方へ定期通院中の方へのお願い

生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)や甲状腺疾患などで当方へ定期的に通院中の方へ是非、以下をお願いいたします。

各種がん検診、または人間ドックを必ずお受けになってください。
なぜならば、平常時の定期診察や検査では早期癌はみつかりません。
自覚症状はなくても毎年お受けになることを強くお勧めいたします。
これにより悪性腫瘍の病状が進行する前に治療が開始できる可能性が高くなると思われます。

もちろん検診やドックで全ての悪性腫瘍が早期発見できるわけではないことは御了解ください。

院長

専門疾病のご紹介


トップに
戻る