くすのき会

「くすのき会」は平成10年5月に当クリニック通院中の糖尿病の患者さんを中心に結成されました。

会の命名は、日本の代表的な巨木であるクスノキ(楠)に因んで、大きく成長するようにとの願いを込めています。会の目標は、糖尿病に関する正しい知識の普及と向上及び会員相互の親睦です。活動内容は、年6回程の定期勉強会や県糖尿病協会主催のウォークラリー、糖尿病セミナー参加などです。

今後は外部より眼科の先生や腎臓内科の先生をお招きして講演会を行えたらと考えています。 快適な患者さん用研修室も御用意しています。

現在、会員数15名程度の小さな会で、和気あいあいとなごやかな雰囲気であり、会員の方のおひとりおひとりの糖尿病療養に関しての悩みや工夫、疑問などが話し合われ、お互いに大変勉強になるとおっしゃっていただいています。
今後も単なる知識の詰め込みではなく、実践的な内容を学んでいけたらと思っています。

ぜひ、糖尿病でお悩みの方にご入会いただき、良好な血糖コントロールの維持と合併症予防、さらに前向きな明るい生活を送っていただけたらと思います。
入会ご希望の方は、受付にお気軽にお声をおかけください。

勉強会

いろいろな勉強会に使うお部屋もご用意しています。

ここでは「糖尿病勉強会」を2ヶ月に1度は開いています。
また、管理栄養士さんを招いての栄養指導は土曜日の午前中に、ご予約をいただいて行っています。

教室

令和3年度 くすのき会糖尿病勉強会

令和3年度の「くすのき会総会」ならびに「くすのき会勉強会」は新型コロナウイルスの感染予防の観点から中止とさせて戴きます。
今後の流行状況や皆様のワクチン接種状況を見た上で再開を検討致します。
会計報告などの資料は後ほど、会員の方へ順次お渡し致します。以上、何卒、ご了解下さい。

専門疾病のご紹介


トップに
戻る